期待できない育毛成分はこれだ!
TOP > キャピキシルの最新育毛成分としての性能は?

キャピキシルの最新育毛成分としての性能は?

キャピキシルの発毛ロジック

キャピキシルとは、アセチルテトラペプチド-3とアカツメクサ花エキスを混合した育毛成分です。アセチルテトラペプチド-3はアミノ酸分子4つを人工的に合成したもので、細胞の修復作用を持つため、毛母細胞の復元にも効果が期待できます。アカツメクサ花エキスにはビオカニンAが含まれ、発毛を阻害する男性型薄毛DHT(ジヒドロテストステロン)を生成する5αリダクターゼ還元酵素の働きを低減する作用があります。

有名な育毛剤成分であるミノキシジルは、毛根部分の血管拡張を促進しますが、キャピキシルには毛母細胞を修復し、男性型薄毛DHTの生成を防ぐことで、発毛しやすい環境をつくる効果が期待できるのです。

キャピキシルの副作用リスク

キャピシキルは、アセチルテトラペプチド-3はタンパク質の一種で、アカツメクサは薬用ハーブとして使われてきた植物であることから、副作用の心配の少ない育毛成分とされています。女性は薄毛の原因が男性とは異なりますが、他の育毛剤の副作用が気になる女性の中にも、キャピシキルを配合する育毛剤に関心を寄せる口コミがみられました。

『フィンジアってキャピキシル配合の育毛剤ってどうなんでしょう 使ってる方いらっしゃいますか 私は塗ミノキですが副作用が心配です 生え際は少し生えてきましたが頭頂部はサッパリです』(http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/hage/1445739514/871) 育毛成分によっては、副作用のリスクが高いものもあります。ミノキシジルにおいては、血管拡張効果に伴う低血圧や多毛症、ニキビ・肌荒れが発生することが有ります。 しかしキャピキシルは、発毛に必要なプロセスの一環の初期脱毛以外の副作用は起きにくい傾向があり、他の薬品において、副作用で困っていた方でも使える可能性があります。

キャピキシルの配合育毛剤

キャピキシルを配合する育毛剤としては、「フィンジア」や「Deeper3D」、「ボストンスカルプエッセンス」、「ザスカルプ」などがあり、キャピキシルの配合割合はどれも5%と同じです。ただし、ほかに含まれる育毛成分には違いがあります。

「フィンジア」と「ボストンスカルプエッセンス」には、ピディオキシジルなども配合されています。ピディオキシジルはミノキシジルの副作用のリスクを改善した類似成分で、頭皮の改善効果が期待できる物質です。「ザスカルプ」は、天然成分のニンジンエキスやセンブリエキス含まれています。「Deeper3D」に含まれるのは、モンゴロイド3大伝承成分という独自のものです。

キャピキシルの総合評価

キャピシキルはミノキシジルよりも発毛効果が高いと謳われています。キャピシキル自体には副作用のリスクはないとされていますが、育毛剤によっては、キャピシキル以外の育毛成分によるトラブルも考えられます。育毛剤で頭皮がかぶれた経験のある人や肌の弱い人は、天然成分が主体の商品を選ぶとよいでしょう。

育毛成分一覧

ページのトップへ戻る