期待できない育毛成分はこれだ!
TOP > 加水分解酵母は育毛成分として最強なのか?

加水分解酵母は育毛成分として最強なのか?

加水分解酵母の発毛ロジック

毛母細胞が増殖して分裂することで毛髪がつくられますが、毛母細胞の表面にある繊毛という薄い毛によって、発毛シグナルが出されます。加水分解酵母には、繊毛を約1.6倍に伸ばす効果があるとされています。それにより、発毛シグナルが約3倍に増加することで、毛母細胞の増殖が促進され、発毛につながっていくのです。

加水分解酵母の副作用リスク

加水分解酵母は育毛剤や育毛シャンプーだけではなく、化粧品にも配合されている成分です。副作用がないとはいい切れない面もありますが、化粧品にも使われている成分ですので、服作用のリスクは低いといえます。口コミ情報からも、加水分解酵母の副作用を心配する声は見られませんでした。

『【M-1ミスト】無添加で、他の育毛剤や発毛剤と併用可能です!』(https://twitter.com/satoshi_721/status/719662510698147840

加水分解酵母を主成分とする育毛剤は、無添加だからほかの育毛剤と併用可能という書き込みがみられました。しかし、成分の組み合わせによってはトラブルが起きる可能性は否めません。製造元では、ほかの育毛剤との併用の安全性は確認されていないことが想定されます。また、規定を超える回数や量を使用することにもリスクはあります。加水分解酵母を配合する育毛剤など、副作用のリスクが低いとされる育毛剤の使用においても、思わぬ頭皮トラブルを招かないように、用法や用量を守って正しく使うことが大切です。

加水分化酵母の配合育毛剤

加水分化酵母は「M-1育毛ミスト」に配合されている独自の成分です。「M-1育毛ミスト」はアルコールや防腐剤などの添加物を使用していないため、肌の弱い人も安心して使いやすい育毛剤です。有効成分として、グリチルリチン酸 2K(グリチルリチン酸ジカリウム)やセンブリエキス、ニンジンエキスなどを含み、天然成分が主体となっています。

グリチルリチン酸2Kとは、マメ科の植物である甘草から抽出したグリチルリチンの誘導体で、敏感肌用の化粧品にも使われています。抗炎症作用や抗アレルギー作用がありますので、頭皮の炎症を抑えることで、頭皮の環境を整える効果が期待できる成分です。

加水分化酵母の総合評価

薄毛の原因は男女によって異なり、ホルモンバランスにも違いがあることから、多くの育毛剤は男性用か女性用のいずれかとなっています。その点、加水分化酵母の含まれた育毛剤は、男女一緒に使えるため、夫婦で試してみることも可能です。加水分化酵母を配合する育毛剤は、発毛を促す効果がありますが、抜け毛が減って、髪が太くなることも期待できます。副作用のリスクが低いことからも、試してみやすい育毛成分です。

育毛成分一覧

ページのトップへ戻る